「やりなおし神社」女性が新しいスタートを切るとき、やりなおしたい時に是非訪れて欲しい神社

2020.10.24

shan-shan

パワースポット 小話 神社

入学、成人、就職、転居、結婚などなど。
今回ご紹介させて頂く神社は、そういった、女性が新たなスタート切るときに、もしくは、過去を清算したい時に、是非とも訪れて欲しい神社になります。
決断を下し、行動を起こす、やり直し神社とも言われています。

今回ご紹介させて頂く神社は、西淀川区にある姫島神社です。

撮影当日は、端午の節句に近く、雄大な鯉のぼりが飾られていました。

新たなスタート?やりなおし?

新たなスタートややりなおしに良いとされている由縁は、姫島神社の主祭神によるところです。
主祭神は、
阿迦留姫命(アカルヒメノミコト)になります。
この阿迦留姫命(アカルヒメノミコト)は、簡単に言いますと、堕落した旦那様に愛想をつかし、一人で遠方の姫島の地に赴き、この新たな地で成功を収めた女性神となります。
当時では、当然に男性優位の社会環境でしたので、女性からそのような決断や行動が出来るという考えも、環境もなかったことと思われ、そのような中、決断をし、なおかつ新た土地で成功を収めたことから、「決断と行動の神」と言われています。

女性の自立と美

阿迦留姫命(アカルヒメノミコト)は、女性の自立や美の神様にもなります。
新たな土地で、疫病、貧困などに苦しむ女性に、裁縫、焼き物、音楽、しいては病気の治療まで自ら行い、そして、多くの女性にそれらの技術を教え自立を促した事に由来します。
現代でいうところの、まさにスーパーキャリアウーマンだったわけですね。
美に関しては、
古事記においては、大変美しい赤い玉が阿迦留姫命(アカルヒメノミコト)に姿を変えたと記載されていることから美の神様とも言われています。

はじまりの碑

中央の貝殻の右上にあるのがはじまりの碑です。
ここは阿迦留姫命(アカルヒメノミコト)のご神徳が注がれている場所と言われています。
この貝殻は、姫島神社の絵馬になります。
帆立は、泳いでる姿がまるで帆を立てて進む船のようなので、阿迦留姫命が舟で逃れ姫島の地で再出発されたように、参拝者の再出発を願い絵馬として使われています。

生活をしている上では、断ち切らなければならないこと、新たな決意が必要なことは、往々にして訪れるものです。
そんな時には、ここ姫島神社に訪れて、決意新たに、新しいスタートを切って下さいね!

関連記事

  • 【神社の豆知識】絵馬とは?

    神様

    2022.09.16

  • 実は知らない人も多い「お守りの効果を高める正しい保管方法」

    お守り

    2022.06.24

  • 絶対知っておきたい!神社の正しい参拝方法

    お宮参り

    2022.05.27

おすすめ

  • 神奈川を代表するお城、小田原城と二宮尊徳「二宮報徳神社」

    小話

    2021.06.23

  • 「神鳥前川」何と読むでしょうか?

    神社

    2021.01.16

  • 一生に一度は訪れたい神社 絶景(波上宮/沖縄県)

    観光

    2020.10.28

カテゴリー

×